Polymorphism

AutoCAD専用のカスタマイズだから簡単・便利です!

AutoLISPトレーニング
AutoLISP Training


ホーム > 業務案内 > 教育 > AutoLISPトレーニング

 トレーニング内容(2日間)

 1日目

 序章 AutoLISPとは? AutoLISPによるカスタマイズの概念について説明いたします。


 第1章 AutoLISPの基本 AutoLISPの最も基本となるプログラムの構造やしくみにつきまして説明いたします。AutoLISPというよりも、LISPプログラムとしての基本的な説明です。LISP言語の経験の無い方もここで基本的なプログラム手法を習得していただけます。
1−1 プログラムファイル形式
1−2 特徴
1−3 LISPプログラムの書式
1−4 LISP関数の特性
1−5 AutoLISPインタプリタの活用
1−6 データ
1−7 コマンド実行
1−8 構造
1−9 実行方法
 第2章 図形の基本操作 AutoLISPを利用してAutoCADの図形を操作するために必要な手法やデータ構造などを習得していただきます。
2−1 図形の特定
2−2 図形のデータの構成要素
2−3 ドットペア(重要)
2−4 図形の操作
2−5 図形の作成
 第3章 図形データの操作 AutoCADの図形を操作するプログラムを作成する上で必要となる技術や開発手法を説明いたします。
3−1 幾何計算関数の利用
3−2 図形の識別
3−3 角度の操作とラジアン
 第4章 よりプログラムらしくするために AutoLISPをよりプログラムらしくするために必用となる条件分岐やループなどの処理について説明いたします。また、プログラムをサブルーチン化することやプログラムをコマンド定義するための手法などを習得していただきます。
4−1 制御文
4−2 グローバル変数ローカル変数
4−3 ユーザ定義関数
4−4 リスト操作
4−5 変換
 

 2日目

 第5章 AutoCAD環境操作 画層や文字スタイルなど、図形ではないAutoCADのデータを操作するための手法につきまして説明いたします。
5−1 テーブル操作
5−2 システム変数の利用
5−3 図形名とハンドル番号
 第6章 ユーザ入力 AutoLISPプログラムをユーザとの対話形式にするために必用な、各種ユーザインターフェースの利用方法につきまして説明いたします。
6−1 基本的なユーザ入力
6−2 入力制限の設定
6−3 キーワード入力の活用
6−4 セレクションセット
6−5 グラフィック操作
6−6 ドラッギング
 第7章 アプリケーション専用データ プログラム(アプリケーション)でしか利用することない特殊なデータ保存領域の活用方法につきまして説明いたします。
7−1 システム変数「USRxn」
7−2 拡張データ
 第8章 AutoLISPによるダイアログボックス制御 AutoLISPでダイアログボックスを利用する場合に必用なDCL言語の手続きや処理について説明いたします。また、DCLとAutoLISPの関係と利用方法につきまして説明いたします。
8−1 DCL言語概要
8−2 DCLのロードと実行
8−3 DCLへのデータ設定と取得
8−4 DCLのアクション定義
 第9章 AutoLISPによる特殊な操作 AutoLISPのプログラム手法で特殊な手法について説明いたします。アプリケーションを作成する上で知っていると便利な機能です。
9−1 AutoLISPによる特殊な操作
9−2 AutoLISPによるリアクター
9−3 AutoLISPとVBAの連携
 第10章 Visual LISPの活用 AutoLISPの専用開発エディタであるVisual LISPエディタについて説明をいたします。
10−1 Visual LISPとは?
10−2 Visual LISPの準備
10−3 Visual LISPでのデバッグ
 

   


 トレーニング実施要項

 基本内容
使用言語 LISP言語
講習日数
2日間
参考:
本トレーニングコースには最低でも2日間必用のため、短くすることはできません。2日間連続で日程を確保できないお客様は、間を明けて2日間の受講という形でも構いません。
また逆に、より詳しく受講されたいお客様は講習日数を追加していただくことも可能です。講習日数を追加する場合には、追加日数分の費用が別途必用となります。追加費用に関しましては下記「費用」の項目をご覧ください。
受講に
必用な知識
AutoCADの知識
(必須ではありません)
AutoCAD上で基本的な図形の描画や編集のできる方。
図面(画層や線種など)の概念を理解されている方。
プログラムの知識
プログラムの知識は不要です。

 実施環境
実施場所
基本的にお客様先にて実施させていただいております。
お客様先にて実施場所の確保が困難な場合にはご相談ください。
実施時間
トレーニングの開始終了時間は、トレーニングの内容や質疑応答時間などを考慮しお客様とご相談の上、決めさせていただきます。特別ご要望のない場合には、下記の時間を基本といたします。
午前 午後
10:00〜12:00 13:00〜17:00
また、トレーニング中は区切りの良いところで随時休憩をお取りします。
資料
弊社にて「AutoLISP トレーニング」専用のトレーニング資料を受講者の数だけご用意いたします。
ハードウェア 基本的にお客様のコンピュータにて受講を行っていただいております。
お客様にてコンピュータのご用意が困難な場合にはご相談ください。
受講に必用な
ソフトウェア
AutoLISP のトレーニングでは以下のソフトウェアが必用となります。
ソフトウェア 内容
AutoCAD AutoLISPはAutoCADに標準で実装されているカスタマイズ機能です、そのため、AutoCADのみでAutoLISPのトレーニングは可能です。
お客様のご使用になりたいAutoCADのバージョンでの実施となります。AutoCADベースのプロダクト製品(AutoCAD Mechanicalなど)でも構いません。
 
対応バージョン 弊社トレーニングは、旧いバージョンから最新バージョンまで下記のすべてのバージョンに対応しております。
AutoCADバージョン
 AutoCAD 2000
 AutoCAD 2000i
 AutoCAD 2002
 AutoCAD 2004
 AutoCAD 2005
 AutoCAD 2006
 AutoCAD 2007
 AutoCAD 2008
 AutoCAD 2009
  


 トレーニング費用(一般のお客様用)
費用

費用(税込み)/人数 講習日数 内容
189,000円 / 2名 2日間 この費用は最初の2名様分の費用となります。この費用のみで最初の2名様まで受講していただけます。
1名様での受講も可能ですが、費用は2名様でも1名様でも同じ金額となります。
126,000円 / 1名 2日間 最初の2名様以降(3人目から)の1名様あたりの費用となります。
 
受講者の人数が多い場合には、トレーニング費用のボリュームディスカウントも行っております。受講者の人数が多い場合には、ご遠慮なくご相談いただければと思います。
 
1日あたりの費用  
最初の2名様まで(税込み) 以降1名様あたり(税込み)
189,000円 ÷ 2日間 = 94,500 126,000円 ÷ 2日間 = 63,000
 
講習日数を追加される場合には(4日目より)、追加の日数に1日につき上記「1日あたりの費用」が追加費用として必用となります。
 
諸費用 トレーニング費用以外に、交通費、宿泊費の必用となる場合がございます。宿泊の必要性や、新幹線や航空機による交通手段など、お客様とご相談させていただいてから決めさせていただいております。
項目 数量 内容
交通費 1往復分
または
2日往復分
宿泊の必用な場合には1往復分の交通費、宿泊の不要な場合には2日間の往復分の交通費とさせていただいております。
宿泊費
(必用な場合のみ)
1泊分 弊社から毎日のご訪問が困難な場合には、宿泊によるご訪問とさせていただいております。。
 

 トレーニング費用(コンサルティング契約をされているお客様用)
費用

費用(税込み)/人数 講習日数 内容
147,000円 / 2名 2日間 この費用は最初の2名様分の費用となります。この費用のみで最初の2名様まで受講していただけます。
1名様での受講も可能ですが、費用は2名様でも1名様でも同じ金額となります。
105,000円 / 1名 2日間 最初の2名様以降(3人目から)の1名様あたりの費用となります。
 
受講者の人数が多い場合には、トレーニング費用のボリュームディスカウントも行っております。受講者の人数が多い場合には、ご遠慮なくご相談いただければと思います。
 
1日あたりの費用  
最初の2名様まで(税込み) 以降1名様あたり(税込み)
147,000円 ÷ 2日間 = 73,500 105,000円 ÷ 2日間 = 52,500
 
講習日数を追加される場合には(4日目より)、追加の日数に1日につき上記「1日あたりの費用」が追加費用として必用となります。
 
諸費用 トレーニング費用以外に、交通費、宿泊費の必用となる場合がございます。宿泊の必要性や、新幹線や航空機による交通手段など、お客様とご相談させていただいてから決めさせていただいております。
項目 数量 内容
交通費 1往復分
または
2日往復分
宿泊の必用な場合には1往復分の交通費、宿泊の不要な場合には2日間の往復分の交通費とさせていただいております。
宿泊費
(必用な場合のみ)
1泊分 弊社から毎日のご訪問が困難な場合には、宿泊によるご訪問とさせていただいております。。